物件価格と瑕疵担保責任

物件の価格は相場によっておおよその価格帯が決まることになりますが、それ以外にも瑕疵担保責任によって微妙に差が発生することにもなります。
契約成立のイメージ画像瑕疵が見つかった際の修繕費を負担するという売り手側の責任は、有効期限が長ければ長いだけ売り手側が不利になってしまうわけですが、この責任期間が長い代わりに物件の価格も高くつけることで両者の利益にバランスを保たせるのが一般的になっています。
あるいは逆に瑕疵担保責任は負わないという契約を交わす代わりに物件の価格を下げることもあり、売り手と買い手のバランスを考慮した上で価格設定を行わなければなりません。

瑕疵担保責任を負うのが嫌ならば任意売却という方法もありますが、こちらはあまり一般的な方法ではありません。
任意売却の場合には上記の通り、責任を負わない代わりに物件価格も安くなるのが通例となっていますので注意が必要です。物件を売却する場合には瑕疵担保責任についてしっかりと把握した上で、微妙な価格設定を行っていく必要があると言えますね。また、契約の前にはしっかりと瑕疵担保責任について話し合っておく必要があり、購入希望者、不動産業者、そして自分の3社で希望の擦り合わせをしていくようにしてください。